お天気clock

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

2024年3月29日 (金)

カメラ目線

442c5bae541d439f8f857454e3abfe2e

ダミーを探していながら、しっかりカメラ目線ありがとう😄

2024年3月21日 (木)

パトリック7歳

85ac3d15096a400584c0c35a5f10680b

7歳になりました。この1年も元気に過ごして欲しいです。

2023年7月22日 (土)

Patric TVCMデビュー

Img_2405Img_2404

2023年4月関西エリアでテレビ放映。

5月には関東エリアでも。

アパレルブランド“クロコダイル”のCMテーマ「次の夢」で、セディが遺してくれた夢をパットと繋ぎたい思いを言葉にしています。

CMをご覧になりたい方はYouTubeで検索してみてください。「クロコダイル 次の夢」でヒットすると思います。

Patricと私の大きな思い出のひとつとなりました。

Patric 6歳

Img_8920

早いもので6歳になりました。

おかげさまでとても元気。有難いことです。

2022年8月18日 (木)

緑の中で

Bf89ba50c44e4644a658119bd5ac52e2

パトリック、6度目の夏。早いもので5歳になりました。暑さに負けず、大好きな原っぱを駆け抜ける。

2020年2月 1日 (土)

セディとパット、庭にて

セディを迎えた時は、マルクが数日セディを相手にしませんでした。
他所の子犬が遊びに来ると大歓迎なのに、セディは他所の子ではないとわかっていたのかな。
でもセディはパットを迎えたその時から、幼い弟を大歓迎でした。
ゆったりと堂々と優しく接しました。

おもちゃを介して激しい動きをせず遊ぶ姿を安心して見ていられました。
まだまだ柔らかい子犬の足腰を傷めることのないよう、気遣いのある対応でした。

Simg_7286
子犬の興味を引くように、ひらりと身をかわしてオモチャを見せびらかします。
Simg_7260
「お兄ちゃんからもらったよ!」嬉しそうなパット。
Simg_7250
セディのおもちゃを奪いに行くパット。優しい空気がちゃんと伝わってる。
Simg_7261
「僕もこんなの持ってるよ。」ってお互いに・・・
Simg_7248
呼ぶと笑顔で駆けてくる。小熊のごときコロコロ加減。

2020年1月 1日 (水)

Patricのこと

さかのぼってパトリックを迎えたことについて記します。

セディを迎えた当初から、彼が5歳になったら2頭目を迎えようと決めていました。
そのつもりで幼い頃から多頭飼いを意識して色々教えて育てました。
ただ、セディの持病の管理に忙しく、5歳を過ぎても積極的に次の子を探すことはしませんでした。

そうして彼が6歳になったとき、私の尊敬するブリーダーさんの所で子犬が誕生することを知りました。
この機会を逃しては次は無いと思い希望しました。
2017年3月21日に誕生。5月27日に四国へ会いに行きました。
憧れのNANOMAI犬舎の子。そこで私を見つけて一番に寄ってきてくれたのがパトリックでした。

Simg_7110
Simg_6818
その日のパトリックです。
聡明さを感じる澄んだ瞳、安定した体躯、その溢れんばかりの魅力に一目ぼれでした。

ケージ越しにセディと会わせてみると、お互い緊張もなく穏やかに向かい合う。
相性は良さそう。大丈夫だなぁって感じました。
この日から、セドリックとパトリックの生活が始まりました。


2019年5月10日 (金)

セディ

6bddf6ef84aa41ad8916be398f00dabf

2019年5月10日、セディは地上勤務を終え空にかえりました。

8歳4ヶ月でした。

落ち着いていて賢く美しく、いつも溢れんばかりの思慕を私に向けてくれました。とても寂しいです。

でもパトリックと共に前に進んでいます。

2019年4月 1日 (月)

セディからの贈り物

Ec81dbbef76e47eab843a461a436d27f

2019年3月31日、東京ビッグサイトで開催された本部展「ジャパンインターナショナルドッグショー 2019」にて、セディはベスト・オブ・ブリード(1席)をいただきました。夢にも思っていなかったジャパンウィナー獲得…ジャッジに指さされたその瞬間、信じられないと思うと同時に、涙が溢れるほどの感動でした。

2020年の本部展はオリンピックの関係上開催されないので、次は2021年。その時セディは10歳。そう思うと、2019年が最後の本部展となるかもしれないと思い、セディに全てを任せようと思いました。ショーを始めて7年。それまで積み上げてきたことは、セディは全てわかっているはず。私はスタートのタイミングやコースを示すだけで、後はセディの思うまま動いてもらおうと思いました。

この気持ちを知ってか知らずか、セディはとても楽しそうに伸び伸びと動いていました。セディは自然にとても綺麗な走りをする子。それがジャッジの目に留まったのかもしれません。ハンドラーである私は、ピックアップ、更に先頭から2番目という位置づけに戸惑ってばかりでした。

何度も歩様のチェックを受け、かなり動いたにも関わらず、最後のラウンドで私の前を悠然と走る姿が勝負を決めてくれました。セディ自らが呼び込んだ勝利だったと思います。

大きなサプライズプレゼントを与えてくれたセディに心から感謝でした。

2017年5月27日 (土)

New Comer

Img_7114_3

セディ6歳4ヶ月にして兄になりました。
2017年3月21日、愛媛県生まれのパトリックです。
本日、我が家の3番目のフラットコーテッドになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

これに合わせて、ブログのタイトルを
「cedy's diary」  から 「せどぱと日記」に変更しました。

«誕生日プレゼント