お天気clock

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

« 外気浴 | トップページ | lauf,cedy! lauf! »

2011年3月18日 (金)

セディとマルクの距離

部屋の中ではマルクに唸られまくりのセディ。

唸られると一歩下がって座ってマルクをじっと見る。

マルクはセディの眼力に押されるように
ふっと横を向いてしまいます。

マルクもガッツリ見つめ返して存在を示せばよいのに・・・と思うけど
見つめれば「遊んで!」って飛びつかれるのがわかるのでしょうか。
まだセディが目を合わせるもうひとつの意味をわかっていないのでしょう。
幼いセディを目の前に、愛想の無いおっちゃんであることを選択したマルクです。

徹底して愛想なしを続けている結果、
セディもピョーンとマルクに飛びつくようなことはしなくなりました。
下からペロペロと口元を舐めに行こうとします。
それすら拒否るマルク。自分の身体と相談しながら選んだ対応なのかしら。

でもその対応は、私にとってはとても有難いこと。
マルクがウエルカムだと、セディはきっとマルクっ子になったと思う。
同居犬がいても、先ずは人との関係をきっちり作ることが大切だと思うので、
セディがマルクより人を頼ってくれているのは、こちらにとってもやりやすいです。

Img_0150
leighmamaさんが撮ってくれた3月16日のセディさん

でも、マルクは今日 庭でセディに乗ってみようとしていました。
あのね、セディはマルクのお腹の下を普通にくぐれるほどのチビッ子ぶりですよ。
小さすぎるし、私の目の前でマウントは許しまへん!!
即刻首根っこ引っつかまれました。
でも、それはどういう意味があるねん!マルクさん。
「ちょっと遊んだろか?」って気持ちがあるのなら
もう少し違う方法でお願いします。

遊んだあとは、庭に置いた水のボウルにふたりで顔を突っ込んでシェアしてました。
・・・・っていうか、セディが横入りしたらスッと譲ってしまうマルクです。
その優しさが良いところでもあり、歯がゆいところでもあります。

Simg_5153
ロッタにボロっとされた後ろの網戸はどうぞ見なかったことに・・・coldsweats01

でも賢いマルクですから、きっとセディの成長に合わせて
対応を変化させていくのだと思います。

セディが犬社会のルールを覚えるべき時期になるまで
どうぞマルクが元気でいてくれるよう願っています。

« 外気浴 | トップページ | lauf,cedy! lauf! »

セディの日常」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。