お天気clock

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

« はじめまして | トップページ | 生後64日目 »

2011年3月 5日 (土)

セディとマルク

Simg_3687
セディ、お里でおもちゃをかじっています。 2011年2月27日、生後57日目の姿です。

Img_0106_14
これからセディの兄的存在となるマルクです。5月で9歳になります。

2002年、駐在中のドイツで出会い、一緒に日本に帰ってきました。
犬が社会の中で認められているドイツで育ち、
犬との付き合い方・人との付き合い方をよく学びました。
非常に落ち着いた、穏やかで賢い子です。私の素晴らしいパートナーです。

彼は2010年1月、拡張型心筋症にかかっていることがわかりました。
闘病生活はもうすぐ1年と2ヶ月になります。
当初は、マルクが逝ってしまうまで次の子は迎えないときめていた私です。
最後まで一人と一匹の関係を続けようと思っていたからです。

でもご縁をいただき、セディと出会いました。
穏やかでのんびりしたキャラクターは幼い頃のマルクを思い出させました。
「この子なら、きっと今のマルクとうまく暮らせるに違いない。」そう感じました。

犬のルールは犬しか教えられない。
であれば、マルクの良いところを彼が元気なうちにセディへ伝えてもらいたい。
素晴らしいマルクの気質を受け継ぐものとして、セディはふさわしいと感じました。
というわけで、もうすぐ我が家に来てくれることになりました。

マルクがあとどれだけセディと共に過ごせるかは“神のみぞ知る”ことです。
でも一日も長く、セディとマルクの日々をここに綴れることを願っています。

« はじめまして | トップページ | 生後64日目 »

プロローグ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。