お天気clock

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

« 外注検査結果1 | トップページ | 兄弟の顔 »

2011年9月 9日 (金)

こりゃっ!

今日はまた気温が上がりました。
夜の散歩復活ですdespair

散歩コースの植え込みの匂いをクンクンしていたセディ。
枝の先の何かをパクッと。

それまでハァハァしていた口が、ふんわり閉じられてます。
私の顔色を上目で伺いながら、口をぷっくりとふくらませて
斜め後ろをポテポテついてくるセディ。

なにか怪しい・・・・「アウス!(出せ)」と命じてみると・・・・

コロンと口からこぼれ出たのは、カナブン。

地面に落ちたカナブンは慌てて羽を動かして飛ぼうとするけど
慌てすぎて上手く上昇できません。
それを更に追いかけようとするセディ。

アータは猫ですか?!
アウスと命じなかったら、そのカナブンをどうするつもりでしたか?

Simg_8414

11日のお出かけの為に、午前中にシャンプー。
耳のコートをカット。でももう少し切ってもいいかな。

« 外注検査結果1 | トップページ | 兄弟の顔 »

お散歩」カテゴリの記事

コメント

さすがフラット~!!
獲物を傷つけずに優しく咥える能力!!
カナブンちゃん、蛋白源になりそこねたねー(笑)

しかし、セディ君、ハンサムだなあlovely

☆jinlimeさん。

こんにちは~。
そうそう、私も「流石フラット!やっぱりレトリーバーだなぁheart04」と思いましたよ~。
カナブン=蛋白源・・・・キャーッ、ハクナマタタの世界!!

セディをハンサムと言ってくださってありがとうございます。
貴重なご意見です(笑)
先代のドイツフラットがめっちゃハンサムだった(と私は思っている)ので
そういうご意見はセディにとってとても嬉しいものだと思います。
で、jinlimeさん宛てにハンサム先代フラットをご紹介します。
最新日記にアップしますね。
(親ばかを笑ってやってくださいまし)

おおおおおっ!!
マルクさんsign01
これがドイツフラットですかあ!!
スウェーデンとはまた全然違いますねーsign03
ものすごく賢そう・・・そして優しそうshine
まっすぐな瞳に力強さを感じます。
生マルクさんにお会いしたかったなあweep

セディ君はアメリカ系ですねー。イケメンlovely
ちょっとライムと似ている気がしますheart04

☆jinlimeさん、

見てくださいましたか。ありがとうございます。
これが先代のマルクです。
この子が典型的なドイツのフラットであるとは言えませんが、
ドイツのフラットの顔つきは、スウェーデンとはまた少し違った感じがします。
ドイツのフラット犬舎のHPを覗かれると、また違った視界が開けるかもです。
でも、この子は穏やかで優しくて賢い子でした。
但し、遊びとなると徹底的に動く子でしたよ。作業をさせれば、よく頑張る子だったことでしょう。
マルクは、ブリーダーさんの真面目なブリーディングと、ドイツの森と社会(もしくは人)が
このように育ててくれたと思っています。

犬とも上手く付き合う子だったので、パピーの指導係も務めておりました。
心身ともバランスの良い子だったと思います。
マルクと同じく、2代目も本当はドイツから迎えたかったけど、
自分で直に仔犬たちに会ってチョイスできないこと、
検疫の都合上、1歳にならないと日本に入国できないことなどから
私の理想とする迎え方ができないので諦めました。

ライムちゃんはアメリカ系ですか?
仁くんとライムちゃんに一度お会いしたいです。

マルクさん、素晴らしいパートナーだったんですね。
ドイツからは1歳にならないとお迎えできないんですか!?
難しいですね・・・

ライムはアメリカ系ですね。
お父さんがアメリカのチャンピオン犬らしいです。アメリカから輸入したと言ってました。

お会いする機会をぜひ作りましょうね!!

アハハヾ(@゜▽゜@)ノせでぃ坊はカナブンですか
以前飼っていたハスキーちゃんは
草むらで何かをガバッってくわえたまま
しばらく下向きに歩いていたので
こりゃ!って出させたらネズミでした(@_@)
そういえばセミもくわえてたなぁ

☆jinlimeさん、

お返事が遅くなってごめんなさい。
はい、マルクは私にとって特別な子です。
セディもとても良い子だけど、マルクほど私の心に深く存在する子は
もう現れないんじゃないかと思います。
初めての子ってそういうものかもしれませんけど。

ドイツからは、狂犬病の検疫の関係で仔犬での入国ができないんです。
ドイツ近隣の国で狂犬病が発生しているからだそうです。

ライムちゃんもセディと同じくアメリカ系なんですね。
ヨーロッパ系とは少し違った魅力がありますが、どちらが良いかは好みの問題ですね。
人の気持ちに添う健気さは、どちらも持っていて愛らしいですね。

☆シリウスママ~。

ネズミ・・・・ネズミはいかんよ~。恐い病気を持っていそうです。
かくいうマルクも、昔ドイツで巣穴掘りしてネズミを捕まえたことがありましたっけ。
セディ、蝉にも遭遇してます。八日目の蝉だったのか、飛ぶ元気がなくて
地面をジジジと動き回っているところをクンクン。
鼻先にしがみつかれ、思いっきり焦っていましたよ(笑

この記事へのコメントは終了しました。

« 外注検査結果1 | トップページ | 兄弟の顔 »