お天気clock

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

« 過去日記できてます。 | トップページ | パパと川 »

2011年9月17日 (土)

飛び込み祭りⅡ

Img_110917_16

あっ!また飛んでるっ!!

はい、今日も“どぼちょ~~~ん”トリオ in MIKUNI POOLです。

昨夜は結構激しい雨が断続的に続いていたので、
今日のプールはダメかしら・・・と思っていましたが、
一体誰の行いが良いのか、太陽燦々sun  
蒸し暑くて、ずばりプール日和でした。

Img_110917_5
トイの色あわせが洒落てます、勘九郎。

Img_110917
キュッキュ系のトイが大好き、クレテウス。

Img_110917_2
突然「タコちゃんLOVE」に陥った、セディ。

どぼちょ~んトリオが派手な飛込みを繰り返すので、
一緒に遊んでいたGR(10歳)とLR(8歳)の女の子は
激しく波立つプールにさぞや迷惑したことでしょう・・・・coldsweats01
もうしわけありませぬぅぅぅ。

でも、三者三様の飛び込みをついつい楽しんでしまった私でした。

Img_110917_3

Img_110917_11
高い跳躍。滞空時間の長さ。 力強くダイナミックな飛び込みが、クレくんの魅力。

Img_110917_13

Img_110917_14

狙いを定めて、素早い動き。 シャープでしなやかな飛込みが、勘ちゃんの魅力。

                         後方で・・・・水面掃除、お疲れさんでございます・・・・

Img_110917_10
落ち着いて、きちんと飛び込む。真面目なスタイル。 セディはそんな感じ。

今日はタコちゃんにしか殆ど反応しなかったセディ。
タコちゃんを投げなければ、プールサイドでじっと待っていました。
どうして突然こんなこだわりが生まれたのか・・・・不思議です。

Img_110917_15

せっちゃん、タコちゃんはもう廃番みたいだから、大切に遊んでくださいよ。

クレくん、勘ちゃん、一緒にどぼちょ~~~んsweat01ありがとうございました。

« 過去日記できてます。 | トップページ | パパと川 »

お友達と一緒」カテゴリの記事

水遊び」カテゴリの記事

コメント

みんな飛び込み姿、かっこいい〜(*☻-☻*)
プール行きたいなあ〜〜〜。

☆jinlimeさん、

プールはお近くにありますか?関東だったら山中湖woofが大きくてよさげですよね。
このプールは我が家から車で約10分ほどなんですが、woofほどは大きくないんです。
でも深さが十分にあるので、大型犬には有難いです。
いつかセディとwoofに行ってみたいです。

そうそう、クレテウスくんもスウェーデンフラットですよ。常に意欲的なとっても楽しいBOYです。
見事な体格と、その意欲の高さでインターナショナル・ショー・チャンピオンになっています。
仁くんも是非とも日本のショー・シーンで輝いてください!
余談ですが、勘ちゃんは二分の一、セディは四分の一、スウェーデンの血が入ってます。
飛び込み好きはそのせい?(笑)

woofさん、行きたいんですよ~。
でも、人間もフィーがかかるので、結構な出費になっちゃうのでなかなか・・・
いつかご一緒できたらいいですね!

おおおー!!
スウェーデンフラットさんがお友達なんですね!!
水嫌いなスウェーデンフラットはいないですからね(笑)

☆jinlimeさん、

おはようございます。
ふむふむ、人も入場料がいるのですね。それならば一緒に泳いじゃえばflair
(woofはだめなのですか?)
一緒に泳ぐとこの子達もすごく嬉しそうについてきて、
めちゃめちゃ楽しいんですよね。
我が家が利用するプールは、「犬の毛が浮いていますが、構わなければどうぞ」って
言ってくれます。ぜ~んぜん構いませ~ん(笑)
水中から飛び込みを見るのも迫力満点で笑いが止まりませんよ。
(あ、今PCの向こう側で引かれてます?coldsweats01
陸でも水でも一緒に遊べば間違いなく楽しい相手・・・これもフラットの魅力のひとつだと思います。

お友達の中にはスウェーデンや北欧のフラットさんが何頭かいます。
こだわりを持って迎えられているからか、
やはり皆さん、その子の持つ能力を様々な分野で輝かせるべく
日々様々な分野でトレーニングを重ねながら、その子との暮らしを楽しまれています。
ショーと訓練競技会双方でのCHを達成された方もあり、
きっと本国の親元さんは、遠く日本へ出したことを喜ばれていると思います。
こういう積み重ねが、北欧と日本のフラット・ファンシャーの信頼関係を強めていくものだと
私は感じています。

マルクを迎えた頃は、彼との暮らしに一生懸命でそんな余裕がなかったけど、
でも毎年クリスマスには親元さんに彼の1年を写真つきで報告していました。
でもできれば何かのタイトルひとつでも取れるようチャレンジして、
日本人に出してくれた親元さんにもっと喜んでもらいたかったと思いました。think

この記事へのコメントは終了しました。

« 過去日記できてます。 | トップページ | パパと川 »