お天気clock

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

« キャンプ断念 | トップページ | 素直な子 »

2011年9月24日 (土)

半日入院

24日未明から再びセディに異変が。
午前2時頃、4時頃、7時頃に嘔吐。
下痢も何度か。
23日の夜からまた殆ど眠れて居ないセディと私。
フラフラになりながら、朝から病院へ。

便を調べてみると、下痢と嘔吐は細菌性の疑いもありましたが
血液検査の結果、膵臓の数値も高くなっていたので絶飲絶食とし、
半日入院して静脈点滴にて身体のバランスを戻しながら栄養を与えることになりました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
肝臓の数値(カッコ内は正常値)
GOT(17~44) 86 [9月7日時点=55]
GPT(17~78) 327 [同上=230]
ALP(69~333)1112 [同上=1339]


膵臓に関わる血液検査項目とセディの検査結果(カッコ内は正常値)
アミラーゼ(200~1400) 2330
リパーゼ(160未満) 4236

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

尿中には相変わらずブドウ糖とケトン体が出ており、更にタンパクが3+になっています。

急激に体調が悪くなってきています。
26日の大学病院の受診まであと2日なのに・・・・。
不安を抱えたままセディを預け、夜のお迎えまで私は家に戻りました。

2日間ほとんど眠れていない私だったので、
セディを預けている間、私も休ませてもらいました。

夜8時に、キャンプから戻った夫と一緒に迎えに行きました。
点滴の間、ケージで眠って過ごしたセディだったようです。

夜8時の時点では
GOT 76
GPT 290
ALP 1024


アミラーゼ 1577
リパーゼ 2740

僅かながら、改善してきました。

でもギリギリの状態であることには変わりないので
短時間作用型のインスリンを入れて、少しでも身体を楽にする方法を選びました。
インスリンを打って帰宅。

また明朝も輸液に行きます。

« キャンプ断念 | トップページ | 素直な子 »

セディの健康」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。