お天気clock

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

« 買い物さんぽ | トップページ | 写真いろいろ »

2012年3月 1日 (木)

病院へ

最近セディが少し疲れやすくなったような気がします。
散歩の後や、途中の休憩ですぐに伏せてしまうんです。
昨年の初秋に糖尿病とわかる前、セディは外でもすぐに伏せてとても大人しかった。
それは病気による倦怠感が強かったのが原因でした。
そうとわかったので、今の彼の様子が気にかかります。

そういう“違和感”に素直に従って悔いなし!と思っている私。 
うじうじ悩まず、病院へ行きました。血液検査と尿検査をしました。

血液検査では特に問題となる点はありませんでした。

しかし、尿検査で気になる結果が。
結晶が出ていました。ストラバイトです。
糖尿病の子は免疫力が弱いので膀胱炎にもなりやすい。
それが原因の結晶なら抗生物質の投与で治るでしょうが、
そうでない場合は体質の問題なので食事を変えなければなりません。
成長期と言える1歳半まで、できればあと4ヶ月間普通食を続けたいのですが。
それに食事を変えるとインスリンの調整もまた一から・・・。あ~あ。

でも、とりあえずは抗生物質を3週間。その後、再度尿検査での判断。
それまでは何も考えずにお薬を与えるのみ。catface

でも、“疲れやすさ”とストラバイトとは無関係と思われ、では原因は何?

色々医師と話し合った結果、成長と関係があるのでは…ということになりました。

最近、身体がごつくなり、コートも増えてきた感じがします。
現に10月からずっと28.2~28.5kgだった体重が、最近少しずつ増加し、
やっと今日29kgになりました。 胸囲も増えています。
そんな風に、セディの身体が今、成長する方にエネルギーを使っているので
活動する方へまわりにくいということなのです。
セディは代謝がよくないので、普通の子よりエネルギーを作り出せません。
今まで体重が増えなかったのは活動に使っていたからで、
だからがっつり運動しても全然平気だった。
でも今は成長に使っているので、活動するとエネルギー不足になると言う訳。

では、疲れさせないように運動を控える?
いえいえ、それはダメなんです。
インスリンにだけ頼らずに、運動でも糖を消費せねばなりません。
運動はしっかりさせて、その後十分に身体を休ませてあげる。
これが対策です。
最近私がやっている、散歩の後ケージに入れて強制休養という方法は
そこそこ正しかったというわけです。

成長する分、疲れやすくなる。   なんとも哀しい身体ですね。
でも動くの大好きフラットですから、外で動いている時のセディはHAPPYそのもの。
ややこしいこと考えずに、そんなセディとがっぷり組んでメリハリのある生活を
作りだしてあげようと思います。


今日の血糖値は304。やや高い。
でも食欲不振や下痢、体重減少や尿中のケトンなどは見られないので
糖尿病の悪化は考えにくいとのこと。
とりあえず2週間前からの血糖値がわかる外注検査もしました。
結果は4~5日後。 その結果によってはインスリン増量への見直しもありますが、
結果を聞いてから心配することにします。

Img_2396ps

« 買い物さんぽ | トップページ | 写真いろいろ »

セディの健康」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。