お天気clock

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

« Show3回目 | トップページ | 帰省(食べ物編) »

2012年5月 1日 (火)

帰省

連休中、義父の13回忌法要があるため大分へ帰省しました。
追々記事を書き足していきます。

が、まずは1枚。

20120430kibisa

岡山県吉備SAにて、「日本一のセデ太郎!」

30日、出発は朝6時20分でした。
渋滞が怖かったけど、道はスイスイrvcardash
途中一か所だけ追突渋滞があっただけでした。

セディは初めての九州帰省。
でもSAやPAでの休憩で身体を伸ばし、ややこしいことにもならず
マルクの時と全く変わらない感じで旅に付き合ってくれました。

マルクと違っているとすれば、声をかけてくださる人に愛想がないってことかな。
セディは知らない人に殆ど興味を示しません。
SAなどで声を掛けられても知らん顔。
でも撫でられたからといって怯えるようなことはありません。
居ても居なくてもどうでもいいやって感じです。
これはとても楽な半面、声をかけてくださった方には
ちょっと申し訳ないような気持ちになります。

休憩のたびに運転を交代して大分の夫の実家へ到着したのは午後4時。
約9時間半のドライブでした。

マルクの時は実家でも完全フリーでした。
でも彼は物事をよくわかった子だったので、
縁側から入室禁止の居間には入ろうとしませんでした。
私が台所にいても、縁側と台所の間にある居間へは入らなかった。
見えるところに居ればそれでよし!としている子でした。

でもセディはそれは無理だろうと思われたので
普段使っているケージを持って行きました。
それを私たちの寝室となる座敷のよこの縁側に置き、
散歩と食事時間以外はケージ内で過ごしました。
セディはケージにさえ入っていたら安心するようで、
私たちが台所や居間で過ごしている時、姿が見えなくても黙って休んでいました。
クレートトレーニングが出来ている子は、こういう時にとても助かります。

義母も、法要で来たお坊さんや親せきの人たちも、
セディがとても静かにケージで休んでいるのを褒めてくれました。

« Show3回目 | トップページ | 帰省(食べ物編) »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。