お天気clock

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

« どうかしてるぜっ! | トップページ | 生後18ヶ月 »

2012年7月 1日 (日)

どうにかしてくれっ!

7月1日の日中、浜や水中で“わ~い♪わ~い♪”と遊んだせでぽん。
あまり遊びすぎると、血糖値が下がりすぎてしまうので
途中車に納めて休憩をとらせたりもしましたが、
解き放つと再び走る!走る!飛び跳ねる!

その時血糖値が下がってくれるのは良いのですが、
先日のように70前後まで下がってしまうと、夜に打つインスリン量に要注意。
通常量を打つと低血糖に陥る危険性があるためです。

最近泳ぐようになって運動量が増したためにわかるようになった、血糖値管理の難しさ。
要は、運動量を少なすぎず多すぎず、一定量を継続するべし!なのですね。

でもね、楽しい場で抑え込むのって可哀相な気がするのです。
色々頑張っているセディだもの。楽しい遊びくらい思いのままにさせてあげたい。
でもそこを堪えて運動調整するのも、セディを守ることに繋がり、
それがセディの明日からの楽しみにも繋がるわけで・・・・。

う~ん、切ない。
   

で、帰宅して夕食の時間が迫ります。

振り返れば本当に長い時間遊んでいました。
血糖値がどこまで下がっているか、真剣に気になってきました。

通常量はきっと多いような気がする。
かと言って、ゼロ(打たない)は勝手に決めて良いことじゃない。
3割減らす?半分にする?・・・・・日曜日だから病院はお休み。
どうする?どうする?どうしよう~(泣)

とりあえず、尿糖の試験紙で調べてみた。
尿糖が+以上だったら、やや少なめで投与すればいいかな~と願いながら・・・。

結果、尿糖・陰性。 あらら~~~sweat02

やはり自分での判断は不能です。
刹那主義的に遊ばせたことを激しく後悔&反省しながら、獣医師に電話しました。
尿糖の結果を踏まえて下された答えは「インスリン半量投与」
・・・・しぇんしぇい、お休みの日にホントごめんなさい・・・・
どうか、どうか、この飼い主「どうにかしてくれっ!」って思わんといてください。
以後気をつけます。

それにしても面倒なこの病気、「どうにかしてくれっ!」 crying

« どうかしてるぜっ! | トップページ | 生後18ヶ月 »

セディの健康」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。