お天気clock

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

« なんぢゃ? | トップページ | マルク浜~♪ »

2013年9月 8日 (日)

はじめの一歩

8月24日の山中湖遠征のショーでちょこっと手ごたえを感じた私。

その感覚を忘れないうちにと、9月8日「京都府クラブ連合会展」にエントリー。

天気予報は朝から雨。徐々にあがるような感じでしたが、
パドックを広げる間もザザ降りrainグルーミングタイムもザザ降りrain
ドライヤーをかけても、セディのコートは湿気を含んでぶわぶわ・クリクリ。
私のテンションあがらな~いgawk

でも、今日はクラスドッグ(CHにあがる前の犬達)が3頭(YA2,A1)揃っているので
勝てばカードが出る。
”今日こそは”という気持ちもあるけど、自信はなし。
結局、余計なことは考えずに丁寧で正確なハンドリングに集中することにした。

テンションが上がらなかったのがよかったのか、
リングに入ってもあまり緊張しなかった。
20130908rengo_class_bks
セディのいるアダルト(A)クラスは一頭だったから落ち着けたのかもしれない。

20130908rengo_bob

雨でも、足元が悪くても、あまり動じないセディの図太さに助けられた感じ。
いい顔して走ってます。

今回のジャッジ(真殿あさ氏)は、スタックをさせている間は待ってくださる方だった。
良いスタイルが決まるまで待ってくださって、しっかり丁寧に見てくださる。
雨の中でもそうしてくださることが有難く、私も落ち着くことができた。

アダルトクラス1頭1席の後は、ウィナーズ戦。

20130908rengo_class_3_2
(ショーの写真はべきおさん撮影です。ありがとうございます)

嬉しいことに、ここでも1席をいただけた!ヤッターーー!!
ショーチャレンジを始めて約1年半。16回目のショーエントリーでやっとカード1枚目をとれた。

続くBOB戦はCH2頭との審査。オーバースペシャルはならず。(当然か・・・)

いただいたカードにはMCCって書いてあった。そっか、連合展だからか。
Mがついてようがなかろうが、とにかく1枚目をもらえたことはすっごく嬉しい。
今まで一生懸命指導してくださった師匠にも、やっと良い報告ができた。

審査終了後、ヘラヘラ喜んでいる私に沢山の人が「おめでとう」と言ってくださった。
知人でない方が、わざわざ私たちの傍に来られてセディのことをとても褒めてくださった。

やっぱりセディって素敵な子なんだよね。

ショーに出始めた頃から、ハンドラーさんや他犬種のブリーダーさんからも、
「この子ならプロに託せばすぐにCHになれるよ」と言われてた。
つまりハンドラー次第ってことかと、自分なりに練習してきた。
でも、ずーっとずーっと勝てなくて、それが何故なのかよくわからなくなって、
セディの良さが見えなくなったこともあった。
その間、健康面の問題から出せない時期もあったので
自分のしていることはやっぱり無理なことなのか・・・とも思った。
でも支え続けてくださった師匠やお友達に助けられてきた。
そういう環境でショーチャレンジできるって恵まれてる。
だからこそ頑張らなきゃ!と思ってもきた。

それがようやく小さな実を結んだ感じがする。

Simg_2389
審査が終わるころには雨もあがった。
会場後ろにある、閉鎖されたゴーカートコースのスタートゲートにて記念撮影。
ウィナーズドッグのリボンは、なんと100均の洗濯バサミで留めてありますcoldsweats01
「やっとチャンピオンロードのスタートラインから、はじめの一歩なのだ!」的な1枚。

Start_3bks
そしてお友達がツーショットを撮ってくださった。セディ、すっごく誇らしげ!!

Start_4bks
「よかったな~」って見つめ合うふたり?!セディ、可愛い♥

そしてずーっとあこがれ続けたお立ち台にとうとう上がれた。
Winnersphoto_bks
ぼかしの下はニッコニコなの、実は。
うまく立たせることができるか心配だったけど、お友達の助けも借りてこの通り!

これからも自分の内にある緊張と焦りや不安に勝ち、
精度の高いハンドリングを心がけて結果に繋げていきたい。

あらためて、支えてくださった師匠・友人・家族に感謝します。
いつもご機嫌で付き合ってくれるセディにも感謝。
そして、こんな魅力的な子に巡り合わせてくれた親元さんにも心から感謝です。

« なんぢゃ? | トップページ | マルク浜~♪ »

Show」カテゴリの記事