お天気clock

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

« GW中のお楽しみ | トップページ | キャプテンを囲んで »

2014年5月11日 (日)

近畿インターナショナルドッグショー

昨年は想定外の手術で見送った近畿インター。
今年は元気に参加することができました。

フラット・牡・アダルトクラスは8頭エントリー。
私が今まで出たショーの中でクラス8頭は最多です。
いつもクラスは寂しい頭数のショーばかりだったので、
緊張を通り越して楽しみになりました。

ジャッジはベルギーのテオ・レーネン氏。

S11may2014kinki1_2
(審査前の控え)

ラウンド入場のあとは触審とアップダウンのみ。

S11may2014kinki3
(触審中)

そしてヨーロッパでよく見られる、下位の犬から退場させる方式をとられました。
初めての“退場”審査方式。そして、3頭「さようなら」。
(うわ~、4頭目のさようならは嫌やなぁ~)とドキドキしながらセディをスタック。
するとジャッジがこちらにやって来る。
(あぁ、やっぱり退場かぁ・・・)と思っていたら、「4」の指。

いただきました、「4席」です。
「さようなら」じゃなかったという安堵感も手伝って4席はめっちゃうれしかった(笑)

ショーイングもなかなか上手くいったと思います。
アップダウンも綺麗に出来たし、ラウンドもいつもは小回りしようとするセディが
大きく元気よく回ってくれました。
日頃の練習の成果が感じられたという意味でも嬉しいハンドリングでした。
会場やパドックで沢山のお友達にお会いすることができて
とても楽しい1日でした。

お写真はラニカイままさんよりいただきました。ありがとうございました。



« GW中のお楽しみ | トップページ | キャプテンを囲んで »

Show」カテゴリの記事