お天気clock

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

« セディとふたり旅 | トップページ | Jake and Cedy »

2014年11月 2日 (日)

2回目のウィナーズドッグ

半年完全休憩に入っていたドッグショーチャレンジ。
休んでいる間の、人との出会いと交流の中で少しずつ気持ちが回復。
そして10月に友達と交わした約束を叶えるために、まず一歩踏み出すことにした。

11月2日、大阪東ワンダフルケネルクラブ展に出陳。
ジャッジ:ジャネット・ロブ氏(カナダ)
フラット牡 YA1 A2 CH2
クラスドッグが3頭揃う。

審査が開始する前に少しリングで練習するも、集中力を欠くセディ。
「あぁ、やっぱりね、久しぶりだしこんな感じか。ま、今日は慣らし出陳だな」って感じ。
私も肩の力が抜けた。

そして審査の時間。
リングに入る直前にベイトを手にした私。
そのとたん、セディの態度が変わった。
スイッチが入ったというか、気合いが入ったというか、
「ぼく、やりますよ!」と集中し始めた。
ラウンドでの入場。私をリングの仕切りに押し付けるほどの勢いで大きく回るセディ。
頭を上げてのびのびと動く。その様子に驚くと共に、嬉しくなった。

Blog2014nov2_2
こうなるともうセディとのショーが楽しいだけ。
相手がプロハンドラーだとか長い休み明けだとか、諸々の不安材料は吹っ飛んだ。

Blog2014nov2_8

アダルト戦、ウィナーズ戦、楽しいと思っている間に終わってた。
そして2度目のウィナーズをいただけた。

2014nov2
2枚目の洗濯バサミ写真!

やったー!嬉しい。
休みの間も練習を続けてきてよかった。
多分セディの中にも少しずつ積み重ねられたものがあったに違いない。
それがこの場で一気に解き放たれた感じ、。
そのくらい私の眼を覚まさせてくれるショーイングをしてくれた。
「ありがとう、セディ!」

Blog2014nov2
                                    (↑田口カメラマン撮影)

これで2枚目のCCを手にした。。
1枚目から2枚目は本当に苦しんだ。「あと3枚」はとてつもなく長い道のりに思えた。
でもあと2枚。折り返し地点だと思うと、急に道のりが短くなった感じ。





« セディとふたり旅 | トップページ | Jake and Cedy »

Show」カテゴリの記事