お天気clock

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

セディの個性

2013年7月 7日 (日)

成長しても・・・

Cedy3_30months

左・生後3ヶ月、右・生後30ヶ月。
骨格は成長しても、表情ってあまり変わらないものなのね。

左から右への成長期間、彼の身体には色んなことがあったけど
その大変さを全く感じさせない明るい表情にホッとさせられます。

良く育ってくれたね。

2012年6月 1日 (金)

男前な足

初めてセディと会った時、「いいなぁ」と思った点が3つありました。
ひとつは「性格」
ひとつは「顔」
そして「足」でした。
正しくは「つま先」なのですが、ぎゅっと握られて厚みのある足。
犬の足先として、色気があるなぁと思いました。
(大丈夫かな、こんなこと書いてるとヘンなヒトだと思われるかな・・・^^;)
   

続きを読む "男前な足" »

2012年4月14日 (土)

ツボな褒め言葉

Img_3358
宮跡を散歩している時のことです。
  

  
すれ違ったおじさまがセディを見て笑みを浮かべて一言。

「しっかりしたええ犬やなぁー。」 

太字で書いてしまうほど
こう言われたら嬉しいな♪と思うドンピシャの一言でした。

しっかりと見えるってことは、ヒョロっこく見えないってことだものね。
わーい。

2012年4月 3日 (火)

毛流

左半身・右半身でのコートの流れを見たくて、左右の写真を並べてみた。

20120402landr

ただそれだけの日記。

今日も仕事の中休みに運動公園に行ったら、暴風雨に遭いずぶ濡れで帰宅。
セディのコートはさらにクリンクリンになりました。

2012年1月24日 (火)

昨日の続き

昨夜、娘に訊いてみると
「セディはクサくないよ」と言います。
どうやら私の思い込みらしいので、セディの寝場所については
何も言わないことにしました。

すると・・・・

また布団の半分を陣取られました。
朝までずーーっと隣りです~す~。
枕を半分こずつにしてす~す~。

寝返り打つのにも邪魔だったけど、
天然のカイロでもあり、有難かったです。

朝から時折雪の舞うマルセデ地方です。
冷え込んでいます。
皆様、風邪など召されませぬようお気を付けください。

2012年1月23日 (月)

また通じた?!

土曜日の散歩でスリスリしてコベコベになってクサ男くんになったせつこ。
ドライシャンプーで汚れた所を洗ったものの、どうも匂う。正確には、匂うような気がする

クサ男くんとは一緒に寝たくありません。
「セディ、キミはクサいので今日は布団に来ないでください!」
そう言ってみました。
土曜の夜、セディは布団に来ないでソファで寝ていました。
私が朝目覚めるまで、私に近づきませんでした。

日曜日も全身シャンプーが出来ず、まだ匂うような気がするので
「今日もダメ!」と言ってみました。
またソファで寝ていました。

いつもは布団を敷いた途端に堂々と寝そべるのに・・・。
私が「場所をあけてくださーい」と言っても寝たふりするのに・・・。

やはり私の言葉が通じてるのかな。

今日もまだ全身シャンプーできていないので、ソファですね。

Img_1182ps

2012年1月 4日 (水)

偶然?それとも・・・

セディ、1歳と3日。

元々、人や状況をよく読もうとする性質だとは感じていましたが、
ここまでわかるもの?それともたまたま?と思わされる出来事がありました。

Img_0774

続きを読む "偶然?それとも・・・" »

2011年12月17日 (土)

スネヲヘア2

Img_0638

一時かなり落ちてしまったセディのコート。
少しずつ戻ってきているような気がします。
そして、あのスネヲヘアが再び・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

Img_0641
横向いてきました。

続きを読む "スネヲヘア2" »

2011年9月24日 (土)

素直な子

点滴の針を腕に残したまま帰宅したセディ。
ドクターから「テープを外したりしないように注意してくださいね」と言われました。
気にして何度か口を近づけましたが、都度「ダメ」と言っているうちに諦めました。

Simg_8600


一旦ダメとわかれば、その後は目を光らせなくても口をつけません。
この、素直で扱い易いところがセディの良いところだと私は思っています。

結局翌日外してもらうまで、綺麗なままで残せたテープ。
先生にも褒められました。confident

明るくて、何事にも一生懸命。甘えん坊で、アンコ&キナコも「可愛い弟!」とベタ可愛がり。
でも冷静に状況を見るスマートさもある。
まだ共に暮らして半年だけど、困ることがない子です。
(あ、ひとつあるとすれば、駐車場からプールまで引っ張られることぐらいかな・笑)
マルクと何年もかけて築き上げてきた「ツーカーの仲」を
僅かな期間でスイスイと築き上げているようなセディ。
“マルクもまたすごい子を2代目に推してきたなぁ”と思うこの頃です。

2011年7月30日 (土)

きびしい家族(笑)

Simg_110730_3

セディは多分、一般的には静かな子の部類に入ると思います。

要求吠えや興奮吠え(他の犬や人やチャイムに吠えること)はありません。
でもかすかな音に警戒を抱き、唸ったり1,2度吠えてしまいます。
犬の働きとしては、番犬能力があると言えるのかもしれません。
ある意味正しい行動で、それは日に2~3度あるかないか程度のことです。
でもマルクが本当に吠えない子だったから、
それに慣らされた家族の中では、“セディはうるさい!”ということになってます。
可哀想なセディです。despair
そのうち家族がセディのワンワンに慣れるかな。
いや、でも出来ることならもっと静かになってほしいです。
「ワン!」は私の耳がビックリするんだもん。





より以前の記事一覧