お天気clock

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

キネンビ

無料ブログはココログ

Show

2019年4月 1日 (月)

セディからの贈り物

Ec81dbbef76e47eab843a461a436d27f

2019年3月31日、東京ビッグサイトで開催された本部展「ジャパンインターナショナルドッグショー 2019」にて、セディはベスト・オブ・ブリード(1席)をいただきました。夢にも思っていなかったジャパンウィナー獲得…ジャッジに指さされたその瞬間、信じられないと思うと同時に、涙が溢れるほどの感動でした。

2020年の本部展はオリンピックの関係上開催されないので、次は2021年。その時セディは10歳。そう思うと、2019年が最後の本部展となるかもしれないと思い、セディに全てを任せようと思いました。ショーを始めて7年。それまで積み上げてきたことは、セディは全てわかっているはず。私はスタートのタイミングやコースを示すだけで、後はセディの思うまま動いてもらおうと思いました。

この気持ちを知ってか知らずか、セディはとても楽しそうに伸び伸びと動いていました。セディは自然にとても綺麗な走りをする子。それがジャッジの目に留まったのかもしれません。ハンドラーである私は、ピックアップ、更に先頭から2番目という位置づけに戸惑ってばかりでした。

何度も歩様のチェックを受け、かなり動いたにも関わらず、最後のラウンドで私の前を悠然と走る姿が勝負を決めてくれました。セディ自らが呼び込んだ勝利だったと思います。

大きなサプライズプレゼントを与えてくれたセディに心から感謝でした。

2015年10月 8日 (木)

ハンドリングコンペティション

近畿ブロックハンドラー委員会主催のハンドリング競技会に参加しました。

一昨年の初めての挑戦は4席。
昇級試験を受けていないので、今回もD級での参加。

少し要領をわかっているものの、
セミプロとしてすでに実戦で活躍されている方もあるので
前回よりは上の席次をいただけたら十分かと思っていました。

が、びっくり!1席をいただきました。

Img_08oct_competition

各級の1席は、4月の本部展にて行われるコンペティションへの参加資格を得られます。
本部展、ショーだけじゃなくて、ハンドリングコンペでも走れるんだ!楽しみ♪






2014年12月 7日 (日)

5回目のウィナーズドッグ

2014年12月7日、インテックス大阪にて
FCI大阪インターナショナルドッグショーが開催されました。
クラスドッグとして、そして2014年最後の出陳でした。

審査員は、アメリカのケン・マレー氏。
スポーティングドッグの審査員としては有名な方だそうです。
セディはこの日ものびのびとショーイング。
ウィナーズ・ドッグに選んでいただけました。

Img_osakainter2014wdsmall

5枚目のカード。2枚目のMCC。
年内にこのような結果を残せるとは想像していませんでした。
マレー氏に選んでいただけたことを光栄に思いつつ、
それ以上に嬉しかったのは、ウィナーズドッグとして
CHクラスに立たれる師匠と同じリングに上がれたこと。
これがずっと憧れだったので、ひとり感動していました。

最後の最後に叶えてくれたセディに、心からありがとう!

_n
恒例の、洗濯バサミ写真。


2014年12月7日 於・インテックス大阪
FCI大阪インターナショナルドッグショー
ジャッジ: ケン・マレー氏(米)
フラット牡 YA1 A3 CH11

2014年11月23日 (日)

Champion完成

Img_new_champoi1

Img_new_champion2

2012年 3月11日、1歳2ヶ月でショーデビュー。
2014年11月23日、3歳10ヶ月でようやく完成しました。


続きを読む "Champion完成" »

4回目のウィナーズドッグ

ショーエントリーは月1回のペースが多いのだけど、
ここで一気にカードを揃えてしまいたい気持ちを抑えきれず、
22日23日連日エントリーしてしまった。

11月23日、神戸甲南全犬種クラブ展
ジャッジ:スーザン・ヘインソン氏(オーストラリア)
フラット牡 YA1 A2 CH3

今日は自分で引く。
フィニッシュ(になるかどうかわからないけど)
最後はやっぱり自分で決めたい。

続きを読む "4回目のウィナーズドッグ" »

2014年11月22日 (土)

3回目のウィナーズドッグ

11月22日、神戸三木ファミリー愛犬クラブ展に出陳。
ジャッジ:原勢 真理子 氏
フラット牡 YA1 A1 CH1

クラスドッグは3頭。今日もカードが出る。

続きを読む "3回目のウィナーズドッグ" »

2014年11月 2日 (日)

2回目のウィナーズドッグ

半年完全休憩に入っていたドッグショーチャレンジ。
休んでいる間の、人との出会いと交流の中で少しずつ気持ちが回復。
そして10月に友達と交わした約束を叶えるために、まず一歩踏み出すことにした。

11月2日、大阪東ワンダフルケネルクラブ展に出陳。
ジャッジ:ジャネット・ロブ氏(カナダ)
フラット牡 YA1 A2 CH2
クラスドッグが3頭揃う。

続きを読む "2回目のウィナーズドッグ" »

2014年10月26日 (日)

セディとふたり旅

10月25日から一泊二日の合宿参加。
フラット友達が集まって、ショーハンドリング・グルーミング・ダミーレトリーブの研修会。

私は24日の昼に自宅を出発して、その日の夜は諏訪湖SAにて車中泊。
ここはお店が充実していて温泉もドッグランもあって便利。
でも明け方は寒かったです。

翌朝、諏訪湖と記念撮影。

Simg_6373a_2

続きを読む "セディとふたり旅" »

2014年9月 6日 (土)

長い休み

2014年5月の近畿インターを終えてからショー出陳を休みにしました。
ハンドリングに全く自信がなくなり、出陳しても楽しめなくなっていたからです。
ハンドラーがこんな気持ちじゃ、セディも楽しいわけない。
リセットしてみたくなったのです。

でも、トリミングやハンドリングの練習を止めてしまう気持ちにはならず、
出陳はしないものの練習とトリミングの研究は続けていました。

その間にFacebookを通してオーナーハンドラーの友人が増え、
その方々との交流も励みになりました。

9月の初めにはお友達が遠方からセディを見に来てくださいました。
動かしてみたらこの様子。

20140509fb1

次に私も動かしてみました。

2014sep5ps_n
悪くない。

セディもハンドリングもダメなんじゃない。気持ちの問題。
僅かに復活の兆しが見えてきたのでした。

2014年5月11日 (日)

近畿インターナショナルドッグショー

昨年は想定外の手術で見送った近畿インター。
今年は元気に参加することができました。

フラット・牡・アダルトクラスは8頭エントリー。
私が今まで出たショーの中でクラス8頭は最多です。
いつもクラスは寂しい頭数のショーばかりだったので、
緊張を通り越して楽しみになりました。

ジャッジはベルギーのテオ・レーネン氏。

S11may2014kinki1_2
(審査前の控え)

ラウンド入場のあとは触審とアップダウンのみ。

S11may2014kinki3
(触審中)

そしてヨーロッパでよく見られる、下位の犬から退場させる方式をとられました。
初めての“退場”審査方式。そして、3頭「さようなら」。
(うわ~、4頭目のさようならは嫌やなぁ~)とドキドキしながらセディをスタック。
するとジャッジがこちらにやって来る。
(あぁ、やっぱり退場かぁ・・・)と思っていたら、「4」の指。

いただきました、「4席」です。
「さようなら」じゃなかったという安堵感も手伝って4席はめっちゃうれしかった(笑)

ショーイングもなかなか上手くいったと思います。
アップダウンも綺麗に出来たし、ラウンドもいつもは小回りしようとするセディが
大きく元気よく回ってくれました。
日頃の練習の成果が感じられたという意味でも嬉しいハンドリングでした。
会場やパドックで沢山のお友達にお会いすることができて
とても楽しい1日でした。

お写真はラニカイままさんよりいただきました。ありがとうございました。